女性ホームレスたちの実態とは。精神的疾患を抱えている女性が、冬の路上に放置されてしまうのはなぜなのか?(再録)

障害者ルポコラム

男性に比べて女性のホームレスは非常に少ない。

それは、比較的女性を優先して保護してきたというのがある。

僕は20年に渡ってホームレスを取材しているが、福祉のありようはずいぶん変わった。

現在は「ホームレス生活をやめたい」と思っている人は、基本的に生活保護を受けられるようになった。政府はホームレスをゼロにする計画を立てている。

しかし、それでも「福祉の世話にはなりたくない」と思っている人が一定数いる。

彼らを強制的に排除するのは、もちろん良くない。

そして、そういう人たちの多くは、精神的障害がある人も少なくない。

女性のホームレスの多くには、特に現実を見失っている人が多く見られた。

5月28日に発売された拙著『ホームレス消滅』(幻冬舎)では、女性ホームレスの問題にも言及している。

今回は、以前公開した女性ホームレスに対する記事を、再録したい。

 

街を歩いていて、ホームレスを見かけたことがある人は多いだろう。ただし、女性のホームレスはほとんど見かけない。女性ホームレスは男性ホームレスに比べて、圧倒的に少ない。政府の発表ではホームレスの3パーセントが女性とのことだ。

 

女性ホームレスが少ないわけは、女性のみを対象とした福祉制度があるというのも大きい。特に、僕が取材を始めた20年ほど前は、女性のホームレスを選んで保護していた。

 

その他にも、男性に依存したり、女性特有の職業である性風俗などに身を預けることでホームレスにならずにすんだ人もいる。色々問題はあれど、女性がホームレスにならずにすんでいることじたいは悪いことではない。ではそのような中、どのような女性がホームレスになるのだろうか?

 

僕が、女性のホームレスを取材してまず感じるのが、会話がなりたたない人が多いということだ。もちろん男性でも、会話が成立しない人はたくさんいる。ただ、割合は圧倒的に女性のほうが高かった。

上野公園でテント生活をしていた60代くらいの女性に話しかけると、いきなり

続きを読む - 1 2 3 4 5