【一家心中】心中事件のリアル。~もてはやされるが、決して美しくはない自殺と殺人の現場~【無理心中】

コラム

『心中』という言葉がある。
たとえば外国の人に『心中』とはどういう意味でしょう? というクイズを出しても、まず当てられないと思う。
「こころのなか」と書く言葉が「2人以上の人が合意で自殺すること」だとはまず連想できないだろう。

辞書で『心中』に当たる英語を調べると、“a double suicide”と極めて分かりやすい言葉が出てくる。恋人同士の自殺なら“a lovers’ suicide”だ。
一家心中になると自殺だけでは収まらない。小さい子供、障害者、高齢者には、本人には死ぬ意思がないのに、無理に自殺させられたり、殺されたケースが多い。

ドラマ『アンナチュラル』の主人公三澄ミコトは、一家四人無理心中事件の生き残りだった。
法医解剖医を職業としている彼女は、無理心中について

「無理心中なんて言うのは日本だけ。正しくはmurder-suicide。殺人とそれに伴う犯人の自殺。要するに単なる身勝手な人殺しです」

と吐き捨てていた。個人的にはその通りだよな、と納得できた。
ただし海外でも、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』は400年以上経った今でも人気が高い。だから外国人だって、心中にロマンを感じるのだろう。

露天神社

露天神社

大阪市北区にある露天神社(つゆのてんじんしゃ)には、恋人たちがたくさん訪れる。彼女たちは神社に祀られている祭神、少彦名大神や大己貴大神に願いを叶えてもらおうと思っているわけではない。
1703年に露天神社の敷地内で心中した、醤油商の手代徳兵衛と、遊女お初を慕って来ているのだ。実際「露天神社」よりも「お初神社」の方が、名前が通っている。

続きを読む - 1 2 3 4