「しょうがい」をどう捉えるか? 医学モデルと社会モデル、そして相模原障害者施設殺傷事件

コラム

「しょうがいしゃ」という言葉を見聞きしたことがないというひとはおそらくいないと思う。
だけどそもそも「しょうがいしゃ」とは、「しょうがい」とはなんなのかと問われると、その答えや立ち位置は一定じゃない。なぜならこれは、「価値観」(世界観)の問題でもあるからだ。

 

とはいえ今の日本でいちばん一般的な表記は「障害(者)」だと思う。
そしてこの「害」という表記には、「ダメージ」というような意味があるというのは納得してもらえると思う。
つまりここで言う障害者とは、「(先天的あるいは後天的に)ダメージを受けたひと」という価値観を反映している。
だからこれは、「病人」のイメージに近しい。
ただ障害者は単なる「病人」に比べて、基本的に「治りづらい、あるいは治らないダメージ」を抱えているひととして想定されている。
そしておそらくこういうふうに説明すると、ほとんどの日本人には共感してもらえるんじゃないかと思う。
そしてその捉えかたが、無意識にでも「障害者」という表記にも反映されているというわけだ。

 

でもこれは別に日本人に限った話じゃなく、世界的に共通してると言ってもいいと思う。つまりこれがそれだけ「伝統的な捉えかた・観点」だってことなんだけど、これもほんとは「あるひとつの観点」でしかない。そしてこれには今、「医学モデル」(医療モデル・個人モデル)という名前もついている。これはすごくざっくり言っちゃうと、「しょうがいを『本人のダメージ・苦痛』として捉えて、それを医療的・個人的課題として克服しようとする」というような見かた・モデルだと言ってもいいと思う。

 

じゃあこの医学モデルが唯一の見かた・モデルじゃないって言うなら、他にはなにがあるのかっていうと、それが「社会モデル」と呼ばれるものだ。これはさっきの医学モデルが「しょうがい=個人的なダメージ=医療的課題」として捉えるのに対して、「しょうがい=個人と社会の間の葛藤・摩擦・不調和=社会的課題」として捉えるところに特色があると言えると思う。つまり今まで伝統的で唯一だと思われてきた見かた・価値観を「医学モデル」として相対化して、「社会モデル」という新しいモデルが提唱されてきたっていうのは、結局「しょうがいは個人的な問題なのか、社会的な問題なのか?」という問いが提示されてきたってことでもある。
もちろん、個人的な問題は社会的な問題でもあるし、社会的な問題は個人的な問題でもあるんだから、これは完全に独立した二者択一ってわけじゃない。でもやっぱりこの問いは大きな意味を持っていて、それにひとりひとりが、そしてみんながどんな答えを出すかっていうのは、すべてに大きな影響を及ぼすことは間違いないと思う。それにここまでを踏まえたうえで、「今の日本は、医学モデル・個人モデルの影響力のほうがずっと大きい」ということもできると思う。
ただ、ここまでの話はすごく大切なことではあるんだけど、ある意味「基礎知識」であって、「準備運動」みたいなものに過ぎない。僕がほんとにしたい話は、ここからなんだ。

 

2016年7月26日未明、神奈川県相模原市で、「戦後最大級の大量殺人事件」が起きた。現場となったのは「知的障碍者福祉施設」として運営されていた津久井やまゆり園で、そこにいた入所者19人が刺殺され、他にも施設職員さんも含め多くのひとが重軽傷を受けた事件だ。
この事件の細かいあらましは、僕がここで繰り返す必要もないだろう。ただやっぱり改めて注目する必要があるのは、これが「単なる凶行・暴走・前後不覚の狂気」によって起こされた事件じゃなく、「明確な目的意識と思想を帯びた行動」だったという点だと思う。

じゃあ、その背景にあった「思想」とはなんだったんだろう?それは植松聖被告本人が語った、

障害者なんていなくなればいい
障害者は不幸を作ることしかできません

という思想だ。そしてその「問題解決」のため、彼はこの行動に出たというわけだ。

続きを読む - 1 2 3