元火葬場職人は見た! ~自分の軽トラで遺体を運ぶ人・親族同士の遺骨の奪い合い~

そのほか

下駄華緒さんは、ミュージシャン、作家、怪談師など数多くの顔を持つ下駄華緒さん。火葬技士1級を持ち、火葬場と葬儀屋で働いた経験があり、雑誌『本当あった愉快な話』(竹書房)では『最期の火を灯す者』という火葬場での体験を元にした漫画の原作を書かれている。

今回は火葬場時代で働いていた時代に出会った、人たちについてお聞きした。

 

多くの人は、葬儀屋が選んだ火葬場で焼いてもらうことが多いと思う。人生で何度も経験することではないから
「私の夫は、あの火葬場で焼きたい!!」
などと積極的な思いがある人は少ないだろう。ただ、自分で選ぶことは可能だ。

「僕は自分の祖母を自分で焼きました。兵庫県から大阪まで運んで自分で火葬しました。ただ、それが良かったかどうかは疑問ですね。どうしても仕事として焼くことになるので、親族としての感傷はなくなってしまいました。言い方は変ですけど、もったいなかった、と思います」

基本的には葬儀屋さんに任せきりにしようと思う人がほとんどだが、中には自分でやろうと思う人もいるらしい。

「一件だけですが、DIYで作った棺桶に遺体を入れ、軽トラで運んできた人がいました。火葬許可証をとったり、その後埋葬許可証をとったりするのはそれほど難しいことじゃないです。ただ、自分の家族が亡くなった後に、それをするのはそうとうな胆力が必要ですね」

もっと極端に、
「棺桶なんていらないだろう。遺体は自動車の助手席に載せて運ぶから良い」
という人すらいるという。

「ただ、遺体はただ動かない人ではないんですね。どんどん変化していきます。葬儀屋はそういう変化をよく分かっています。例えば棺にドライアイスを入れますが、あれはただ冷やしてるだけじゃないんです。遺体が腐りづらい冬場でも、ドライアイスは欠かせません」

ドライアイスは、当てることによって体液を凍らせているのだという。体液をコチコチに凍らせてしまえば、体液が漏れ出てくることがなくなる。

「遺体を助手席に乗せていたら、身体から溢れた液体で社内が汚れてしまう可能性は高いと思います。法的には全部自分でやっても大丈夫ですが、餅は餅屋で慣れている人たちに任せたほうが無事に済むとは思います」

(C)下駄花緒・蓮古田二郎/竹書房

続きを読む - 1 2 3