病死、自殺、事故、他殺……。ホームレスの死はどのように“処理”されるのか?

コラムそのほか

多くホームレスにとって、死はとても近い場所にある。

野外で寝るという行為は、想像するよりもずっと心身に負担が大きい。

 

僕も何度かホームレスのテント村で寝たことがあるが

一番厳しかったのは寒さだった。

 

適当に路上に寝ると、地面にドンドン熱を吸い取られてしまう。

僕が寝たのは10月だったが、しばらく寝ていただけで身体は芯まで冷え切ってしまった。

ガタガタと体が勝手に震える。

段ボールを敷くと少しはマシになるがそれでも寒い。

1~2月だったなら、もっとずっとしんどかっただろう。

 

 

大阪のドヤ街西成では、冬場には“すのこ”を貸し出していた。

すのこはゲタ状になっているので、熱が奪われづらい。

それだけで随分、マシになる。

とはいえ当たり前だが、つらい。

寝ていられないくらいつらい。

つらいから夜中は歩いて身体を温めるという人もいる。

 

歩きながらアルミニウム製の空き缶を集める。

そうして、夜よりは気温が高い日中に睡眠を取る。

野宿生活をする者の、ギリギリのサバイバル術だが、理不尽な攻撃をされることがある。

 

「公園で寝ていたら、サラリーマンに

『昼間からグーグー寝やがって!! 腹が立つ』

と怒鳴られることありますよ。

サボって生活しているように見えるんでしょうね」

 

人には人の事情がある。

目に見えた事象に、反射的に攻撃してはいけない。

 

冬に寝るために酒を飲む人もいる。

たしかにアルコールを飲むと体がカッカと熱くなる。

 

だがアルコールを飲むと身体の熱の調節機能が効かなくなっているのだ。

雪山で遭難しているような状態なら“気付け”としてのアルコールもありかもしれないが

通常は悪い影響しかでない。

暑く感じて、薄着で寝てそのまま凍死してしまうこともある。

 

もちろん夏場だって過酷だ。

昨今は特に酷暑日が続くようになった。

 

クーラーもない小屋の中で寝ていたら熱中症になるのは目に見えている。

暑さは凌ぐのがとても難しい。

冬は着込めばとりあえず暖かくなるが、夏は裸以上には脱げない。

 

ホームレスの多くは身ぎれいとはいい難いため

図書館などの公共の施設で涼んでいると嫌がられることも多い。

続きを読む - 1 2 3 4