心の病とゴミ屋敷の関係は? 尿の詰まったペットボトル600本が転がる部屋を清掃して見えてきた事実

そのほか

僕は以前、株式会社まごのて という清掃会社で取材を兼ねたアルバイトをしていた。
株式会社まごのて は、いわゆる「ゴミ屋敷」や「孤独死部屋」などの、特殊な清掃を専門で請け負う会社だった。2年間以上働かせていただき70以上の現場を回った。その経験は単行本『ゴミ屋敷奮闘記』(有峰書店新社 )にまとめさせていただいた。アルバイトをやめてからずいぶん時間が経ったが、いまだにルポを書かせていただいたり、識者として語らせてもらうことがある。

 

 

そんな中で、とてもよく聞かれるのが、「部屋をゴミ屋敷にする人は心の病気なんですか?」という質問である。これはなかなかむつかしい問である。ひとくちにゴミ屋敷と言ってもゴミの量もそれぞれだし、汚れ方もさまざまだ。だから「ゴミ屋敷に住む人は心の病気」だと決めつけるのは乱暴ではある。とは言え実際、心を病んでいる住人が多いのも事実だった。

 

「セルフネグレクト」という言葉がある。ネグレクトは「忘れる」、「おろそかにする」、「顧みない」というような意味がある。セルフネグレクトは、「自らのケアをおろそかにする行為」を指す。
具体的には
「風呂に入らない」
「部屋を片付けない」
「金銭の管理ができない」などが当てはまる。ゴミ屋敷の住人は、まさにセルフネグレクトと言えるだろう。

 

しかし「部屋が片付けられない人」というのはよくいる。げんに、僕も部屋はだいぶ汚い。清掃の本を書いているんだから部屋をキレイにしなければ、と思うが気づいたら足の踏み場もなくなっている。そんな人は多いだろう。だが、大規模なゴミ屋敷はレベルが違うのだ。

 

今回紹介するゴミ屋敷は、40代の男性の一人暮らしの部屋だった。賃貸の1Kの普通のアパートだ。
ドアを開けると、玄関までゴミが押し寄せてきていた。部屋には天井近くまでゴミがたまっている。

続きを読む - 1 2 3