在宅ワークで部屋が散らかってませんか? ゴミ屋敷清掃から見えてくる在宅ワークで自宅がゴミ屋敷になる人の特徴とは?

コラムそのほか

新型コロナウィルス禍の影響で、緊急事態宣言が出されていて、不要不急の外出自粛が求められている。ジョギングや散歩は禁じられてはいないものの、非常に出歩きにくい雰囲気になっている。自宅にこもって仕事をしたり、娯楽を楽しんだりしている人が多いだろう。

 

「せっかく家にいるんだから、部屋掃除をしよう」

という殊勝な人もたくさんいらっしゃると思う。大掃除をする季節ではないが、汚れは意外とたまっているものだから良いと思う。家族がいる人は、総出で掃除をすれば効率よく進められるだろう。逆にずっと部屋にいるから、部屋がドンドン汚れていっている、という人もいるのではないだろうか?

 

僕は、体験取材で2年間ほど、清掃会社「まごのて」という会社で働いていた。いわゆるダスキン的な清掃業者ではなく、ゴミ屋敷や特殊清掃をメインとした業者だった。依頼人は、会社員であったり、定年退職した人であったり、様々だったが、在宅で仕事をしている人もいた。

 

 

40歳前後の漫画家さんの部屋を片付けたことがあった。借家の2階建ての一軒家に住んでらしたのだが、玄関を開けると胸の高さまでゴミがあるかなりゴミの量が多い部屋だった。上層部には、空きペットボトル、コンビニの弁当の空き箱などが積み重なっている。比較的軽いゴミだ。すでにビニール袋に入っているものも多く清掃は楽だ。ゴミ袋にドンドン詰めて、ゴミを減らしていく。楽とは言え10年ぶんも溜まったゴミを全部出すのは並大抵のことではない。4人で3時間ゴミを運び出し続けてやっと終わった。表面のゴミだけで、2トントラック一杯ぶんになった。

 

軽いゴミをどかすと家電などもたくさん出てきた。ヒーター、扇風機、パソコン、などが掘り起こされる。無事なものもあるが、壊れてしまっているものもある。本人は、「あそこらへんに埋まっていたから、掘り起こして使おう」と思っている場合があるが、ゴミ屋敷にずっと堆積していたものは、復活できなくなる場合が多い。

 

そうして掘り進めていくと、下の方からは、雑誌や書籍などの紙類がたくさんでてきた。漫画を描く上での資料や原稿などが山積みになっている。
ゴミ屋敷には、いろいろなタイプがあるが、『収集型』のゴミ屋敷になる。比較すると男性に多いが、とにかく物を集めて捨てないタイプだ。とくに、本やビデオテープなどが多い。週刊少年ジャンプ、週刊少年サンデー、週刊少年マガジン、が5年分部屋に溜まっている1Kの部屋もあった。雑誌だけで、かなりの体積をとられてしまう。読まない、雑誌保管のために家賃を払っていると考えるとバカバカしい話だ。

 

僕も、書物の仕事をしているので分かるが、どうしても資料を買うのには財布のヒモがゆるみがちだ。

「これはちょっと高いけど、のちのち仕事の資料になるからいいだろう」

「今買っておかないと、買えなくなるから買っておこう」

という感じで、ついつい買ってしまう。そしていつの間にか、部屋を本が侵略してくる。物が空間を圧迫し始めると、生活できる空間がどんどん少なくなっていく。この漫画家の家もそうで、とにかくたくさんの本が出てきた。一軒家と、なまじスペースがあるだけに、溜まっている本の数も半端ではなかった。

続きを読む - 1 2 3