事故物件公示サイト『大島てる』の管理人に、殺人者から直接送られてきたメールの内容とは?

そのほか

 

大島てる』という人気サイトがある。

自殺、殺人、火事などの事故で人が亡くなった部屋『事故物件』を地図上に掲載するインターネットサイトだ。運営するのは、大島てるさんだ。

 

今回は大島てるさんに、事故物件サイトと障害者の関係について話をうかがった。

「私にとって一番なじみが深いのは、『精神鑑定の結果不起訴』というものですね。精神障害があるため、殺人事件の責任能力がないと判断されるケースがあります」

 

精神鑑定とは、正式には刑事責任能力鑑定という。
刑法第39条では
1、心神喪失者の行為は、罰しない。
2、心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。
と規定されている。

 

加害者に責任能力があるかどうかは、精神科医の力を借りて判断される。責任能力がない、『心神喪失』だと認められれば、どんな犯罪を犯していても無罪になる。検察官は、面子を保つために不起訴にしてしまう場合が多い。

 

「加害者が裁判にかけられないと、傍聴もできませんから、何もわからないですね。いくら心神喪失状態だったとはいえ、人が何人もなくなっているようなケースもあります。そんな大きな事件について、全く真実が明らかにならないというのは、問題があると思います」

続きを読む - 1 2 3 4