特殊清掃の現場は“死臭”との戦い。刻々と悪化する状況の中で戦う、作業員に同行【現地取材】敢行。

そのほか

僕は、ゴミ屋敷や特殊清掃を請け負う業社で2年間働いていた。特殊清掃とは、死体が発見された部屋の清掃のことを指す。僕自身は特殊清掃の経験はないのだが、4件ほど現場に立ち会っている。

 

特殊清掃の話をするとよく

「死体は室内に放置されているのですか? どうやって片付けるのですか?」

と質問される。

 

特殊清掃業者が現場に入った段階で、その場に死体はない。すでに運び出されている。当たり前の話だが警察がいつまでも適当に死体を放置しておくはずはない。現場検証がなされた後は、すみやかに死体は移される。亡くなってから発見されるまでの時間が短い場合、死体を運び出した後の部屋は普通の部屋と変わらない。冬場は腐敗の進行が遅いため、日数が経っても死体が腐敗しない場合もある。正月にお風呂で薬物を飲んで自殺した青年の死体写真を見たことがある。風呂の水は死後も出しっぱなしになっていた。冬場だから水温はかなり低かったのだろう。死後数日経っていたそうだが、風呂でうとうとと眠っているようにしか見えなかった。

 

部屋の状態がキレイな場合、管理会社や大家は普通の清掃業者を呼べば良い。もちろん家族が自分で片付ける場合もある。僕も、知り合いの父親が部屋で孤独死した際、清掃を手伝ったことがある。亡くなって数日経っていたが、痕跡も臭いもほとんど残っていなかった。

 

すなわち特殊清掃業社を呼ぶということは、自分たちでは対処できないと家族や大家が判断したということになる。「死体は警察によって運び出されているなら、問題はないのでは?」と思うかもしれない。確かに、死体の大部分は警察が運び出している。ただ、死体が腐って出た液体や身体から剥がれ落ちたモノは、現場に置き去りにされることが多い。それらは法的に“死体”ではなくなり、専門の廃棄物処分場で処理される。

 

現場には特に、頭皮は現場に落ちていることが多い。髪の毛は頭蓋骨に乗っかっているだけなので死後しばらくすると腐った頭皮ごとずり落ちるのだ。風呂桶の中で亡くなった場合、死体が水に溶け出しドロドロになることもある。骨などが大量に残されるし、その液体も全て処理しなければならない。見た目も臭いもとても厳しい現場だ。ただ風呂はそもそも水を外に漏らさないよう作られているため、風呂場を超えては汚染が広がりづらいので清掃自体はやりやすいという。

 

僕が現場を見たとあるケースを紹介する。千葉県のとある住宅街の集合住宅で亡くなった70歳の男性の部屋の清掃に同行した。死後一ヶ月経って、同じアパートの住人が臭いで気づき通報した。アパートのドアはカギがナンバー式で、亡くなった本人しか番号がわからなかった。そのため窓から入るしかなかった。グルリと建物の裏に回る。

窓は一旦警察によって割られており、そして布粘着テープで目張りされていた。窓の内側には、おびただしい数のハエがとまっていた。少しだけ窓を開け、中に殺虫剤を散布する。下手に開けると、ハエが飛び出して周りに迷惑をかける可能性があるからだ。

 

 

続きを読む - 1 2