スマフォのソーシャルゲームでの『ガチャ依存症』の恐怖を、当事者女性が赤裸々告白。~億単位でつぎ込む人も。電波があればガチャを回し続けてしまう無間地獄~

インタビューそのほか

スマートフォン向けのソーシャルゲームでは、「ガチャ」という有料くじがある。ゲーム内で使用するカードを、有料のくじで当てるシステムである。たびたび社会問題になっており、2016年には業界団体「日本オンラインゲーム協会」が『課金上限額を5万円』『当たりの確率を明示する』などのガイドラインを作った。
なぜこのようなガイドラインが作られたかと言えば、かなりの額をガチャにつぎ込む人がいたからだ。彼らは『ガチャ中毒』と呼ばれた。

2016年以前に、ガチャに高額な課金をしていたという女性Aさんにお話を伺った。(話は2016年のガイドライン以前のできごとになります)

 

彼女がハマっているゲームは、20人でグループを組んで戦うソーシャルゲームだった。良いカードを引くには一回300円のくじを引くしかない。レア(珍しい)なカードを引く確率はたった0.03%だった。しかもただ単にレアなだけで、戦闘では使い物にならないカードもあるから、良いカードを引く確率はもっと低い。より良いカードが出やすいガチャもあったが、1ガチャ1500円、3000円と高額だった。

 

「ガチャを引いていると、一瞬でお金が溶けていく感じでした。50万円くらいの課金では、全然強いデッキは育てられません。私は2年間で数百万円使いました。でも、これは仲間の中では、かなり安く押さえられた方だと思います」
ゲーム内でしか使えないカードを揃えるのに数百万円かけるとは、とんでもないことのように思える。ただ、そこのゲームのトッププレイヤーは遥かに超える課金をしていたという。

 

「ゲームで知り合ってよく飲みに行く男性は総額2000万円ほど課金していました。それでも全然トップには及びません。このゲームで一位の人は推定3億円以上課金していると言われていました」そのプレイヤーは急に登場して、一気にトッププレイヤーに登りつめたという。どう考えてもその急上昇はおかしい。仲間が「いくらくらいゲームにお金を使っているの?」と聞いたら、「新しいカードを一枚手に入れるために、ベンツ1台ぶんくらいかな? 全部で新築の家、3軒ぶんは使ってる」と答えたそうだ。

一体、どのような人が高額課金をしているのだろうか?「私が知っている人だと、ショップの社長、コンサルタント、美容外科医、看護師……などですかね。やっぱり社長や、個人経営の人が多いです。珍しいところでは、密漁をして稼いでいるって人もいました。福島の被災地に住んでいて、助成金・補助金でガチャをやっているという人も。一癖ある人が多いですね。写真を送って、とメールすると、全身入れ墨の写真を送ってこられたこともありました(笑)。職業ではないですけど、パチンコが好きな人が多いですね」

 

もちろんものすごいお金持ちが、数億円使ってもなんら問題ない。だが、そこまでお金を持っていないのに、射幸心に煽られてお金をつぎ込んでしまう人がたくさんいるのが問題なのだ。そもそも、良いカードを手に入れ、ゲーム内で強くなることに、なにか意味があるのだろうか?

 

「ゲーム内で活躍すると他のプレイヤーから、アイドルみたいに扱われるんですよ。ツイッターのフォロワーも増えるし、自分のグッズを作ったらすぐに完売してる子もいました。オフ会をしたら遠方からわざわざ遊びに来てくれたりします。普通に生きてたら、そんな風にちやほやされることってないじゃないですか!! やっぱり気持ちいいんですよね。」オフ会では、男性プレイヤーもモテるという。強いプレイヤーは「お金を持っている」というのが確定しているというのが大きい。

 

「ゲームやってる男性って、やっぱりちょっとモテないタイプの人も多いんですよ。女性からすると落としやすいですよね。デート相手を探すためにゲームをプレイしてる、って女子もいました」ゲームライフを楽しんでいた彼女だが、さすがにお金を使いすぎているという危機感は感じていた。

 

「男性がモテるのとは逆に女性は、月何十万円もガチャをしてるって時点で、男性にめちゃくちゃ引かれますよね。彼氏ができても必死に隠していました」一時はゲームをやめようとも思ったが、なかなかやめられなかった。

そこで『ガチャ中毒』の女子だけで集まって、『ガチャを引かない女子会』を開催したこともあった。

続きを読む - 1 2