元TOKIOの山口達也容疑者、飲酒運転で逮捕。アルコール依存症でホームレスになった人たちもいる。酒で人生を失う人たち(再掲載)

そのほか

元TOKIOの山口達也メンバーが、酒気帯び運転でバイクを運転し、事故を起こしたとして警視庁に現行犯逮捕された。SNSでは怒りの声や呆れた声が上がっている。もちろん、彼は断罪されるべきだろう。ただ、アルコール依存症は、本人の「やり直したい」という強い気持ちを打ち砕くほど、強烈な病だ。

 

自業自得、身から出たさび、因果応報と罵るのは簡単だが、アルコール依存症の怖さも改めて思い知っておきたい。誰だって、いつ何らかの依存症になるか分からないのだ。以下は、以前掲載した、酒が原因でホームレスになってしまった人たちのルポだ。

 

 

 

ホームレスになった理由に、「飲酒・ギャンブル」をあげる人は8・9%(ホームレスの実態に関する全国調査)だ。だが、実際取材をしていると、その数字以上に酒によって野宿生活を余儀なくされている人は多いように思えた。

 

今回は、僕の20年にわたるホームレス取材の集大成である『ホームレス消滅』(幻冬舎新書)から、今回はホームレスとアルコールについて述べている2箇所の部分を公開したい。

 

 

ホームレスとアルコール

また、ホームレスに話を聞いていると、アルコールが原因で体調を崩しているケースが多い。2015年夏、荒川の河川敷で、上半身に刺青が入っている、明らかにカタギではない中年ホームレス(50代)を取材した。彼はお腹の真ん中に傷があった。

 

「俺はここに引っ越してきてまだ3日だもん。その前は山谷で生活してたんだ。酒の飲みすぎで胃ガンになっちゃってさ。胃を取っちゃったんだよ。こないだ内視鏡を入れたら大丈夫だっていわれたよ。ただ、たまに食道が詰まっちゃうことがあるんだよ。そうなったら、氷水をぐぐぐぐっと飲んで入れて、なんとか通すんだよ。そうすりゃまた食べられるんだ。はっはっは」そんな原始的な方法で大丈夫なのか不安になった。

 

「ガンになる前は、リサイクルやってたんだよ。テレビ、冷蔵庫、洗濯機を拾ってきて、直してね。けっこう儲かってたんだ。テレビの取材とかも来てたんだよ。雑誌で漫画化されたこともあるんだぜ。でもある日、すげえ気持ち悪くなっちゃってさ。ついでにウンコも真っ黒になっちゃった。こりゃちょっとやべえなって思って病院行ったら、ガンだって。女子医大に行ったら、2週間で治療が済んだからよかったけどなあ。はっはっは」ちっともよくはないと思う。

 

「ガンになったのが3年前。5年間再発しなかったら、もう大丈夫っていわれてるんだけどね。そもそも俺の家は、ガン家系ではないんだけどな。まあ酒飲みすぎたのもあるかもしれないけど、井戸水飲んでたからさ。ピロリ菌が混ざってて、それでガンになっちゃったんじゃないかともいわれたよ。もうガンになっちゃったから、仕方ないから酒もやめてさ。公園の草むしりの仕事とかで地味に食いつないでるよ。オケラだよ、金も何にもないよ~。苦労も何にもないけどな。はっはっは」

続きを読む - 1 2 3