HIVウイルスの感染者が残された日々を過ごすホスピス ~タイ国のエイズ寺に“死体”が展示してある「優しい」理由~

そのほか

2018年に、タイに取材旅行に行った。

タイの北部の街ロッブリーに、「死体が展示してある博物館」があると聞いて、足を運ぶことにした。目的地は、パバナプというお寺だった。ガイドが運転する車に乗りバンコックからひたすら北に進んで行く。市内は交通量も多いがしばらく走るとすぐに田舎になる。3時間以上ひたすら走る。車窓から見える畑に見飽きた頃、やっと目的地に着いた。敷地内に入ると、大きい文字でHIV+やAIDSなどと看板が出されているのが目についた。

 

 

「なんで、エイズ?」と疑問に思っていると、ガイドに「とりあえず、まずは寺院を参拝しましょう」と言われた。頭にクエスチョンマークを浮かべたまま、自動車から降りる。想像以上に立派なお寺だった。まずはかなり急な階段を上らなければならない。階段には灯篭を持つ人形がズラリと設置されていた。人形の上をピョンピョン何かが飛び回っていた。

 

「この地域は猿が多くて有名なんです。帽子やアクセサリーを盗んでいく猿もいるので気をつけてください!!」ガイドに言われて、慌てて帽子やら何やらをかばんにしまった。

 

 

階段の上には、青空のもと、大きな白い仏像が設置されていた。その横を乳の張った大きい野良犬がフラフラと歩いている。そこから、またしばらく登ってやっと寺院が現れた。日本の地味な色彩の寺とは違い、赤と金で塗られたきらびやかな建物だった。日本では派手すぎるが、タイのサンサンと太陽が照りつける中に建つ寺院は、ごく自然に見えた。

 

寺院の中には座禅を組む僧侶がいて、僧侶の周りにはたくさんの供物が積まれていた。施設の周りには、日本の寺ではあまり見ない派手な像が並んでいた。ただ、少し歩くと近代的なビルが建っているのが見えた。実は取材のアポイントメントは取っていたので職員に伝えると、細身の女性が現れガイドしてくれることになった。

 

続きを読む - 1 2 3