多摩川の河川敷で夫婦で暮らすホームレスにインタビュー。仕事、電気、畑を持っていても、それらは一瞬でなくなってしまう。

そのほか

六郷土手駅から多摩川河川敷に向かうと、ゴルフ場がある。利用者は多く、クラブでゴルフボールを叩く、カーン!! カーン!! という音が響き渡っている。


そのゴルフ場を通り過ぎて川に向かって歩いていくと、「道」を発見する。公にアスファルトで作った道ではなく、何度も誰かが歩くことによってできた道だ。
少し緊張しながら足を踏み入れていくと、いくつものホームレスが住む家が並んでいる。

キャンプのテントのようなものもあるが、多くは木で作られた小屋だ。ホームレス生活をしている人たちの中には、大工や、鳶職など建築業者に携わっていた人が多いので、とても器用に家を建てる。
家は綺麗でも、家の周りは散らかっている所もある。金属回収で生計を立てている人が多い。だいたいはアルミ製の空き缶を拾ってきて換金しているが、中には銅を集めている人もいる。銅はアルミよりもかなり高いが、だがそうそう捨ててあるわけではない。
工事現場に置いてあるコードリールなどをパクってくる人もいる。コードリールのママは買い取ってもらえないので、コードのビニル外装を剥ぐ。その剥がされた外装が山程捨てられていたりするのだ。

大量のカップ酒の空き瓶で作った竈(かまど)もあった。ガラスの瓶なんて、そんなに竈に向いているとも思えないのだが、でも見た目はなんともかっこいい。

ふと見ると、テーブルを囲んで男性4人がカードゲームをやっていた。
まだ時間は昼過ぎだが、全員目が真剣だ。見れば、テーブルの上には100円玉がうず高く積まれている。

「お話うかがえますか?」

と聞くと、

「うかがえるわけねえだろ」

「あっちいけ」

とけんもほろろに追い払われた。


まあそりゃそうだわな、と肩をすくめながらより深くに進んでいった。

建ち並ぶ家の中でも大きくて立派な小屋の前に椅子を置いて座り、木を組み合わせて何かを作っている60代後半のおじさんがいたので話しかけてみた。

続きを読む - 1 2 3 4