真冬の路上で眠る、ホームレスたち。昨日まで元気だった人が、あっさりと凍死することもある。

そのほか

「ホームレスはいつでもダラダラと寝れて気軽なもんだ」

と悪口を言う人は多い。特にサラリーマンの目からは、野宿生活をしている人は羨ましく見えるらしい。
だが、それも温かい季節の話であり、真冬のホームレスに対して「気軽でいいね」と言う人はあまりいない。
真冬に路上で眠るホームレスは、いかにもつらく、ひょっとして息絶えているのではないか? と不安になる。しばし見つめて、胸が上下に動いているのを見てホッとしてから立ち去る。

駅前で眠るホームレス

駅前で眠るホームレス

大阪のドヤ街西成では越冬闘争という行事が行われる。夏に開催される、夏祭りとは雰囲気がまるで違う。冬の寒さは、人の命を簡単に奪っていく。生きて春をむかえるためには、寒さと命がけで闘わなければならない。

筆者は昔、上野公園でホームレス生活を体験したことがあったが、まだ10月なのにも関わらずものすごく寒かった。
寝ていると地面にドンドンと熱を奪われていくのだ。熱を奪われた後は、ガクガクと震えがくる。身体の下に段ボールやすのこを敷けばだいぶマシになるが、それでもぐっすりと眠れるわけではない。

空き缶を集めるホームレス

空き缶を集めるホームレス

身体が冷え切っても、それを温める場所も、手段もあまりない。
身体を動かして温めるのが一番有効だ。だから夜中の一番冷え込む時間にあえて、空き缶集めなどをする人もいた。一晩中歩き回って空き缶を集め、空き缶を潰し、袋詰していたら、少しは体温は上がるかもしれない。
でも、夜は自動車事故に遭うリスクは高いし、酔っぱらった人たちから暴力を受ける可能性も高い。
そして夜に歩き回ったぶん、まだ暖かい昼間に眠る。そして眠っている姿を見たサラリーマンに
「ホームレスは気楽でいいよな」
と嫌味を言われるのだ。どう考えてもそんなに、気が楽な仕事ではない。

続きを読む - 1 2 3