宇宙人を神と信仰する新興宗教団体に潜入取材。永遠に生きられるという“希望”が持つ危うさとは?

そのほか

と言う人がいる。宗教の本なんかを読んでいると
「それでも宗教は素晴らしいんですよ」
「人を癒やす宗教は正しいことなんですよ」
と言う趣旨のことを語るために多くのページが割かれている。それはまあ、一つの真理ではあるのだろう。ただ筆者は、まがい物の希望をエサにして信者を釣っている様子を見ていてすこぶる気分が悪かった。とてもじゃないが

「それでも救われてるからいいんですよ」

とは思えなかった。問題になるほど金銭や財産を巻き上げられてはなくとも、そこにそれなりの救いがあったとしても、やはりそれは詐欺的な行為に見えた。

飽くまで個人的にではあるが、まがいものの希望にすがって生きるくらいなら、正しく絶望して死んだほうがマシだ、と思う。

 

 

 

 

 

 

続きを読む - 1 2 3 4