「その沼入るべからず ―CASE1#胎内記憶」赤ん坊は母親を選んで産まれてくる?!

コラムそのほか

出産、育児、健康法。女性の生活まわりにあるさまざまな情報の中には、ハマるとヤバいものがたくさん⁉ 山田ノジルが独自の視点で突っ込みつつ、沼の注意点をお届けしていきます。

 

Case1 胎内記憶沼

昨日、音声SNSを聞いていたら「育児のプロ」を名乗る人たちのルームが、こんなトークで盛り上がっていた。

「子供は空の上から、お母さんを選んで生まれてくるんです」

「妊娠したくてもできないのは、親になる準備ができていないから。心のどこかで本当は赤ちゃんが欲しくないと思っているから、子供から選ばれない」

「赤ちゃんはお腹の中にいたときのことを記憶しているし、外の世界のこともお母さんを通じてわかっている。だから夫婦喧嘩ばかりしていると、やめてと伝えるためにママのお腹を頻繁に蹴るって話もある。子どもたちから聞いた話だから、これホント!」

 

一般の人たちも「うちの子も、お腹の中でTVの音が聞こえてた~とか話してました!」とか次々語っていたし、ちょっと信じてしまいそう。そういえば図書館で『ママを選んで生まれてきたよ』みたいな絵本を見たこともあったな。自分は妊娠中、義母から「いい子に育つ胎教音楽」とかいうCDをもらったけれど、興味が持てずフリマで処分してしまった。皆が話していたとおり「子育てはおなかの中から始まっている」なら、聴いておけばよかった? もしかしたらこんな親だから、ふたりめの赤ちゃんから「選ばれない」のだろうか――。

 

*******

このSNSに登場していたという話題は、「胎内記憶」という一種の思想・教育・自己啓発(一部研究)の類です。胎内記憶はもともと「胎児が母親のおなかの中にいたときの記憶」のことでしたが、胎内記憶を広める一部の人たちにより、いつの間にかスピリチュアル色濃厚な世界観が出来上がりつつあります。「魂が空の上にいたときの記憶」やら「前世」「宇宙」にまで話が及ぶようになり、Case1のようなトークが定番となりました。

 

この胎内記憶は布教活動の中心人物が産婦人科医なので、医学的な裏づけがあるように思えてしまいますが、200%スピリチュアル的な世界。一般的な科学や医学の論理とは、遠くかけ離れています。平たく言えば「布教者たちが、好き勝手な物語を語っているだけ」。ですからその手の世界に興味がなければ、「親を選んで生まれてきた」とか「お母さんの気分が赤ちゃんに影響する」とかの言説に一喜一憂し、真に受けるだけ激しくソン。「子どもたちが語った」ことが証拠だと主張されていますが、その動画やら何やらを見ていると、正直「言わせている感」もぬぐいきれません。つまり、胎内記憶は「魂の世界の物語」を求める大人が楽しむ娯楽。「子供が親を選ぶ」といった言説に罪悪感を覚えたり、ましてや妊娠中に胎教を取り入れたり必要性は、一ミリもないのです。

 

「いい話だし、そういう考えで救われる人がいるなら嘘でも問題ない」と考える人もいるでしょう。しかし胎内記憶界で語られているその内容、深堀りしてみると結構なヤバさです。

 

まずは冒頭のケースで登場している「親を選んで生まれてくる」という言説について。親たちの自己肯定感を高める手っ取り早い甘言なのでしょうが、妊娠しない人に「あなたは選ばれなかった人」とマウントするために使われることもしばしばです。悪意はなくてもそう語られて、結果として傷つく人がいるのは明白でしょう。

 

さらに「親を選んで生まれてくる」という考えは自己責任論につながり、一部の子供たちをも苦しめます。虐待する親を選んで生まれてきたのも、自分の選択。持病などでハンデのある体も貧困などの環境も、自分が空の上から選んだ人生。そう刷り込まれてしまったら大変です。本来は行政の助けが必要な部分も「運命」というスピリチュアルな世界観で大雑把に仕分けされてしまうと、大人に助けを求められなくなり、必要な支援から遠ざかっていきますから。

続きを読む - 1 2