『朗読サービスで情報を手に入れる』大きなメリットと小さなデメリット

コラムそのほか

僕の欠点の1つに『読むのが遅い』というのがある。それ以外にも『背が低い』『歌が下手』『足が遅い』など欠点はいくらでもあるのだが、幸いなことにライター業にはあまり関係がない。ただ、本を読むスピードが遅いのは、結構困ることが多い。

 

僕が本を読むスピードは、だいたい音読するのと同じか、それよりはやや早い程度だ。がんばれば少しは早くなるが、すぐに疲れてしまうし頭に入ってこなくなる。最近では、加齢で目も悪くなったためますます読書スピードは落ちている。

 

仕事がら、インタビューする方の著作を読んだり、ルポ執筆の下調べの本を読んだりと、読まなければならない本がたくさんある。
だから個人的に読みたい本はどうしても後回しになる。
リアル書籍も電子書籍も積ん読が溜まっていて、おそらく死ぬまでに消化できないんじゃないかと危惧している。

 

そんな状況ではあるがそれでもやっぱり読書はしたいと思い取り入れているのが『朗読サービス』だ。

本の朗読サービスは、かなり昔からあった。個人的には、NHKラジオ第1放送で放送されていた『私の本棚』という番組が懐かしい。
文芸作品やエッセイをアナウンサーらが読む番組で、昭和24年から59年に渡って放送されていた。小学校の頃たまたま聞いた、向田邦子のエッセイが面白くて、ずいぶんハマって読んでいたのを覚えている。

 

テープレコーダー、CDと音声メディアでも朗読モノは発売されていた。松本清張の『張込み』や『天城越え』を『刑事コロンボ』の声優でおなじみの小池朝雄が朗読していたり、筒井康隆の『熊の木本線』を『紅の豚』の森山周一郎が朗読していたのを覚えている。

そして現在、僕が利用している朗読サービスは『Audible』だ。Amazon上で利用することができる、ネット上のサービスだ。

 

Audible』に入会すると、月額1500円の会費で毎月1コインが支給される。1コインで好きなオーディオブックを買って聞くことができる。コインが0もしくは1の状態ならば、追加で1枚1200円で3枚まで購入することができる。直接、定価でオーディオブックを購入することもできるが、これはずいぶん高くつく。

 

単行本1冊1200円~1500円と考えると、少々高いように感じるかもしれない。たとえば、ミヒャエル・エンデの『モモ』は新書版、電子書籍版が880円だから確かに少々割高になる。

ただ、『モモ』の再生時間は12時間46分と長いため、実際に利用していると
「割高だなあ……」
とはあまり思わない。

続きを読む - 1 2 3 4 5 6