川崎市が、空き缶集めを厳罰化? ホームレスが田舎ではなく都市部に住む理由とは?

そのほか

川崎市では、アルミ缶の持ち去りを防ぐ狙いで、条例改正案を2021年9月に市議会に提案する方針を打ち出している。さらに違反者には罰則が科せる条項をつけた。

普通に生活している人で、路上でアルミ缶を拾っている人はほとんどいないだろう。
逆にホームレス生活をする人たちの大部分は空き缶を集めて、それを金属回収業を営む会社に売って現金化している。
つまりこの条例は、ほぼ100%ホームレスに向けてのものだ。
アルミ缶収集を禁じた場合、ホームレスの現金収入はかなり厳しいことになるだろう。

先日、ホームレスに対してあまり良く思っていない人と話すことがあった。

「別に外で暮らしたいなら暮らしたらいいよ。でもどっかの山の中で住めよな。渋谷とか上野とかタダで住んでるんじゃないよ」

と苦々しい口調で語った。
決して数は多くないが、そのような生活をしている人もいる。
13歳の少年時代からひとり山中の洞窟で生活した男性の半生を描いた『洞窟オジさん』(加村一馬/小学館)という単行本がある。

家出をした少年が、山中で蛇やイノシシを捕まえて食べるシーンがリアルに描かれていた。
だが、野宿生活をしながらそのような形で食料を手に入れるのは非常に難しい。多くのホームレスは食べ物を買うか拾うかして手に入れている。買う場合はまず現金を入手しなければならない。現金を手に入れるため、アルミ製の空き缶や紙類などの廃品を集めて換金する場合が多い。というより、他にあまり方法がない。

大都市ならどの通りにも自動販売機が数メートルごとに設置されている。マンションや巨大な団地から出る廃品も多い。
逆に人口の少ない地域に行けば行くほど、廃品を集めるのは難しくなる。
また、廃品を買い取ってくれる業者(金属回収業者、紙類回収業者など)も基本的に都市部でしか回収をしていない。ホームレスは自分の足で歩くのと自転車が移動手段なので、大都市部でないと廃品回収業は成り立たないのだ。

食べ物を拾う場合も、やはり都市部の方が有利だ。チェーン店やスーパーなどから廃棄される食品を定期的に手に入れることができれば、とりあえず飢えずにすむ。現在は各お店ごとの規則が厳格化して、廃棄食品を手に入れるのも難しくなってきている。

つまりホームレスの生活は、都市に依存しているのだ。

続きを読む - 1 2 3 4