反オリンピックデモ VS オリンピック反対に反対の政党 終わりなき罵声の末に平和はあるのか?

そのほか

もう東京オリンピックの開会式まで、一ヶ月を切った。
オリンピック観戦を楽しみにしている人もいるだろうし、コロナの感染がおさまっていないのにオリンピックなんてやって大丈夫か? と不安になっている人もいるだろう。

 

実際のところ

「コロナは不安だけど、まあオリンピックが始まったら一応テレビで見るか」

くらいの温度の人が一番多いのではないだろうか?

 

筆者は、根っからのスポーツ嫌い、お祭り嫌いの人間である。
当然、オリンピックも好きじゃない。見たくないし、オリンピックの時には東京にいたくなかったので、本来オリンピックが開催される予定だった2020年7月24日から一ヶ月間は、スリランカに長期取材に出かけてやりすごす計画だった。
残念ながらコロナの影響でスリランカへは行けなくなり、またオリンピックも延長されてしまった。

 

それから1年が経ち、ワクチン接種はスタートしているものの、まだまだ感染はおさまっていない状態でオリンピックは開催されるようだ。
オリンピックは開催されても、僕はスリランカに逃げられないのがとても残念である。

 

冷静に考えて、現在の状態でのオリンピック開催を不安に感じるのは、いたって当たり前のことだと思う。オリンピックによって感染が拡大したり、医療が圧迫する可能性もあるだろう。

 

そんな東京オリンピック開催まで一ヶ月となった6月23日、新宿で大規模な『反五輪デモ』が開催されることになった。
知人のジャーナリスト藤倉善郎氏に「取材に行こう」と誘われて、渋々ながらついて行くことにした。
18時過ぎに到着したが、すでに現場は騒然としていた。複数の反五輪団体が都庁前に集結し怪気炎を上げていた。

続きを読む - 1 2 3 4 5 6 7 8