『生活保護受給者になるくらいなら自殺』という人のプライドの高さと脆さ

そのほか

ここのところ『生活保護受給者』『ホームレス』について記事を書くことが多かった。
記事を目にした知人から

「別に税金がどうのとかはどうでもいいんだけど、俺が『生活保護受給者』『ホームレス』になったら自殺するわ」

と言われた。

青木ヶ原,自殺

実は、このようなことを言われるのは初めてではない。作家や編集さん、それにバーでたまたまあった人にも言われたことがある。

 

そんなこと言われても

「はぁ、そうですか?」

としか返しようがない。

 

どうやら、そういうことを言う人たちは

「『生活保護受給者』『ホームレス』は生きている価値がない!!」

と誰かを責めたいわけではないようだ。

「『生活保護受給者』『ホームレス』なんて惨めな状態になったら、俺は生きてはいけないよ」

という告白のように聞こえる。

 

もっと言えば、

「俺は仕事がんばっていて高い地位を得ている。『生活保護受給者』『ホームレス』という状態にはならないと思うが、万が一なってしまったら自らを恥じて自殺するよ」

という、現在の成功の自慢と、将来に対する決意表明と受け取ってもいいかもしれない。

 

こういうことを告白する人は決まって「キリッ」とした表情で言う。
つまりちょっと、かっこいいと思って言っているのかも知れない。

「惨めな状態になってしまったら、俺は生きてはいけない」

という告白は、僕にとっては全然かっこいいと思えないのだが、否定するのも大変そうなのでとりあえずうなずく。

 

そういう人とは反対に

「どんな状態になっても自殺はダメ!! 最後まで生きなければ!!」

という人もいる。
これもまた「キリッ」とした表情で言う。

 

まあ「自殺はダメ!!」とか「生きて!!」とか言うと気持ちいいのはわかる。
「いいね」もたくさんもらえるだろう。

 

ただ、多くの人には「自殺の臨界点」があると思う。例えば
「癌になって余命幾ばくもない」
とか
「体が不自由になってしまって毎日がしんどい」
などの理由で自殺する人も少なくない。

 

これは気持ちは分かるだろう。

続きを読む - 1 2 3 4