障害を明るく語る|一般の人が福祉に興味を持ってくれるポイントはそこかも?!

新米編集長の裏話

16歳で四国八十八箇所 野宿お遍路した文様作家が出会ったすさまじい現実とは?~優しい人、不思議な出来事、そして恐ろしい人間~

だけど、実は取材されたアプスーさんは、生まれつき脳に大きな腫瘍のある障害当事者なんですね。

 

でも、そこは書かずに、アプスーさんの四国四十八箇所 お遍路さんの不思議な話にすると、一般の方もあいである広場を訪問してくれます。

全く障害に興味がない方が、ちょっと不思議で、ミステリアスなアプスーさんの記事を読んでくれて、その記事の隣の障害記事に興味を持ってくれたら…そんな気持ちで色んなジャンルの記事をのせています。

 

「介護・障害・福祉・難病」という閉ざされた世界と一般の健常者と言われる方の接点を作っていきたいなと思いました。

 

自分の障害に面白いキャッチフレーズをつけて、発信してみるのもいいかもしれませんね。

では、いい休日をお過ごしください。休日じゃない方は、ほどほど頑張ってください。

続きを読む - 1 2