行政保健師Tさん① ~専門家の声が届かない親たち~

インタビュー

ひきこもりが危険!

発達障害者が危険!

ではありません。

 

不適切な養育をする親たち

適切な支援ができない、行政、警察、児童相談所など

大人の側の問題が大きいのです。

 

センシティブな問題ですが

行政保健師歴18年のTさんが日々現場で抱えている

葛藤を届けます。

 

 

田口 Tさんは行政保健師でいらっしゃいますが

そもそも乳幼児健診の際に発達障害だと疑われて

医療・療育等、専門機関に結び付く方はどれくらいいらっしゃるのですか?

 

T 数値的に言うと、発達障害を疑うお子さんが20人いたとしたら

1人~2人ですね。

早期の段階で専門機関につながることができればよいのですが

(そのように親御さんに働きかけますが)。

 

乳幼児健診の際に医療・療育等、専門機関に繋がれず

就学してから、二次障害を起こして

不登校になるお子さんも多くいらっしゃいます。

 

田口 そういったお子さんに対するフォローは

乳幼児健診の際に終わってしまうわけではないんですよね?

 

T 自治体によりますが、母子保健として保健師が関わるのは就学前までで

その後は教育委員会管轄となるので、実質、終わってしまいます。

 

田口 そうなんですね。

確かに私が住んでいる区でも、こちらから相談に行かない限り

保健師さんが就学後に積極的に関わってくれることはないですね。

では、親御さんはなぜ乳幼児健診で指摘されても

医療・療育等、専門機関に繋がらないんですか?

 

T 園では集団行動が苦手で困り感を持っているけれど

自宅では親御さんは困ってないケースは繋がりにくいですね。

あとは、子の障害を認めたくない方が多いのではないかと思います。

 

田口 では、再度、親御さんから相談を受ける時は

入園して問題行動がみられた時ですか?

 

T そうです。

親御さんからの相談の場合もありますが、保育士さんから相談されることが多いですね。

園では保育士さんは困っているけれども、家庭で親御さんは困ってない。

なので、親御さんに園での困り感を伝えるのはとてもセンシティブな問題です。

 

田口 そんな時は保健師から親御さんに障害の疑いについて話すのですか?

 

T 障害の疑いについては話しません。

なぜなら「障害」の診断をつけられるのは医師のみなので。

こちらからは、「お母さん、何か困っていることはありませんか?」という問いかけになります。

ご家庭で困り感がある場合は親御さんにアプローチがしやすいのですが

ない場合は苦慮します。

 

だけれども、一定数、子の障害を受容できない親御さんがいます。

そういった子供は福祉の支援にも繋がれません。

そういった子供たちがどうなると思いますか?

 

田口 最悪の場合、触法につながる?

 

T 不適切な養育や支援につながらなかったことにより、子供が触法に至る

というのはどの地域でもみられると思います。

また虐待につながる場合もあります。

 

T 就学後に不登校、統合失調症・うつ病等の二次障害を引き起こし、ひきこもる。

50-80問題の多くのケースは背景に、周りの大人が適切な支援をしてこなかった

ということがあると思います。

現在、刑務所に収容されている受刑者の8割は高齢者と障害者というデータもあります。

就労継続ができずに、ひきこもっている方のIQを調べたら

軽度知的障害だったということはよくあります。

 

こちらからいくら働きかけても、子の養育に無関心

言っていることが届かない親御さんもいます。

適切な養育ができない親だけでなく、

適切な支援ができない、行政、警察、児童相談所など、大人の側の問題が大きい

子供は何も悪くありません。

悪いのは大人です。

 

※内容は取材当時(2019年9月)