㈱アニスピホールディングス 藤田英明④~居宅介護は儲かる?~

インタビュー

㈱アニスピホールディングス(旧㈱わおん) 代表取締役社長

藤田英明

 

■自立へのステップ
田口 どういったステップを踏んで、藤田さんが理想とする「自立」へと向かうのですか?

 

藤田 GHから自立させるために、普通のアパートの一室とかを借りて、サテライトができるんです。ここで支援を受けながらアパート等で暮らす。これができたらアパートで一人暮らしをする。こういう段階を踏めることになっているんですけど、だいたいここに至ると、薬を飲まなくなってしまう。会社に行かなくなってしまう。そして、また症状が出てきてしまう。また、入院。そして、またGHに戻る。そういったサイクルの繰り返しになってしまうんですね。この期間が無駄なんじゃないかと思っています。
今、わおんのGHに彼女のいる男性がいるんですけど、彼女も障害者なんですよ。わおんには男性棟と女性棟があって、8か所くらいやっていますが彼は今度、女性棟に入居したいと言っているんですよ。結婚したら、家族棟を作って欲しいと。そこで家族で支援を受けながら生活しつつ2人で暮らしたいと言うんです。これもある意味、「自立」だよなと思いました。GHを出て、また病気が再発して、病院に入院してという期間が1~2年あるじゃないですか。人生の1~2年って長いですよね。

 

■居宅介護は儲かる?
田口 東京の一人暮らし支援には、ヘルパーさんが朝・昼・晩と入っているスタイルのものが多いですが、果たしてそれが「自立」なのかという疑問はありますよね。

 

藤田 それは事業所の都合なんですよ。GHで暮らしてもらうより、一人暮らしさせて、そこにヘルパーの介助を入れた方が儲かるんですよ。介護保険と違って上限額がないから、居宅介護はめちゃくちゃ儲かるんです。

 

■地方と東京では福祉の上で「別の国」
田口 NPO法人や社会福祉法人と藤田さんのようなベンチャー企業とは、あまり絡みがないのですか?

 

藤田 地域性ですね。地域性が非常に強くて、昔からのやり方を頑なに通しているエリアと「福祉はもっと開かれて、多様性を受け入れないと駄目だよね」というエリアで違いますね。多様性を受け入れるエリアの方々とは絡みがありますよ。

 

田口 地方出身の福祉職の方が「福祉の面では23区は別の国だ」とおっしゃっていたのですが東京は保守的なんでしょうか?

 

藤田 東京は高齢者介護も障害者福祉もめちゃくちゃ遅れているんですよ。東京には「福祉の世界を変えたい!」と言っている人たちはたくさんいるけれど地方の人からすると「そんなことは昔からやっているし」ということも多いですね。

 

■地方の障害福祉事情
田口 地方出身の福祉職の方に聞くと、地方では障害を持っていても地域で支えるので、障害者同士の結婚なんて当たり前だし、地域で支え合うのでそんなに問題にならないといいます。東京に来るとそれが支援の枠にはめられて、特別な環境でしか生きられないのはなぜでしょう?

 

藤田 それは比率の問題もあるでしょうね。例えば、高齢者問題も、地方から高齢化していきますよね。人口に占める高齢者の割合が地方の方が高くなるので、それだけ接する機会も増えますし、理解や支援の方法のノウハウは、事例が多ければ多いほど蓄積されますよね。それに比べて、東京は高齢者が人口に占める割合が地方と比べると相対的に低いじゃないですか。障害福祉の問題も同じです。目黒区の場合だと目黒区民に占める障害者の割合は2.3%です。これが千葉県の八千代市になると、11.3%です。足立区だと10%を超えています。同じ23区でも偏在していますね。

 

田口 どことは言いませんが、東京の福祉関係の方を取材すると割とドリーミーなことをおっしゃるのはその比率の差でしょうか(笑)

 

藤田 幻想みたいなことを言ってる人は多いですね(笑)ドリームみたいなことを言ってないで、普通に暮らさせてやれと思います(笑)

 

田口 私は区民として、23区内でも目黒区から福祉を変えていただきたいですね!

 

※内容は取材当時(2018年11月)