㈱アニスピホールディングス 藤田英明③~障害者の自立とは~

インタビュー

㈱アニスピホールディングス(旧㈱わおん)

代表取締役 藤田英明

 

■支援をしていく上での大変さ
田口 支援をしていく上での大変さはどこにありますか?

 

藤田 基本的には皆さん、「外向きな人」というよりは「内向きな人」たちですよね。「自分はダメだ、ダメだ」と自分に「矢印」が向いてしまっている人が入居者の大半なんですよ。これは障害者全般にいえます。その「矢印」を外側に向けていくということが一番大変です。きっかけは何でもいいんです。わおんのスタッフも、まず聞くのは「好きなことは何なの?」ということです。
例えば「〇〇さんの好きなこと何なの?」といった感じで。そうすると「ディズニーランドが好き」とか「UFOキャッチャーが好き」とか女性だったら「おしゃれをしたい」とか男性なら「病院に入院していて、飲みに行けなかったから飲みに行きたい」とかありますよね。本来は「自分はああしたい、こうしたい」と思っていたんだけど「自分はダメだから」と思って、外に出なくなってしまった人に対してもう一度、何をしたいかという自己覚知をしてもらうという作業をしてから王道の「働きに行く」という部分に結び付けていきます。

 

■今の就労支援事業所はダメ?
田口 就労支援もなさっているんですよね?

 

藤田 わおんに入居している人は7割、一般企業に就職しているんですよ。

 

田口 かなり高い割合ですね

 

藤田 財務省も経産省も障害者雇用を水増ししているじゃないですか。日本全国の一般企業・中小企業もみんな水増ししていたんですよ。それがばれてしまってから、一般企業も(水増しを)やめようとなって、雇わなきゃとなった(笑)だけど、労働問題は怖いので、どこの企業も受け入れ態勢をきちっと作っているんですよ。なので、就労支援事業所に行くよりも、一般企業の障害者雇用枠で例えば特例子会社などに就職した方が、研修制度が格段に充実していて担当者もついて、フォロー体制もすごいんです。A,B問わず就労支援事業所を経営しているのは、中小零細企業が多いんです。なので、そこまでの受け入れ態勢ができていなかったり酷いところだと「居てくれればいいから」という事業所もあります。だったら、障害者雇用枠で一般企業へ就職してしまえばお給料を18万~25万円もらえますから。

 

田口 そうしたら、普通に自立して暮らしていけますよね

 

藤田 そうです。生活保護からも脱却できますし、お金の使い道も自由ですし。

 

■藤田英明社長が考えるGHでの「自立」とは?
田口 GHに入居される方は、GHで生涯を終えるのですか?

 

藤田 GHは全国に7,000件くらいあるんですけど、過去の統計からお話しすると平均入居期間は約20年なんですよ。基本的に出ていかないんです。出ていくときは入院、死亡などですね。

 

田口 現在、藤田さんが展開している「わおん」も生涯暮らすというイメージでよろしいのですか?

 

藤田 できるだけ1人暮らしを目標に据えてやっていますが「自立」という概念が「一人暮らし」なのかという議論が深まっていなくて「一人暮らしが自立だ」という解釈になってしまっているんですよ。「そうなの?」と僕は疑問に思っています。その人がGHで生活し続けながら、働きに行って病気や障害をあまり気にせずに楽しく暮らしている状態が「自立」なんじゃないのかと思っています。無理やり色々と制限して、「何でも自分でやるんだよ」「朝起きて会社に行くんだよ」とやってしまうのが果たして「自立」なのかという風に思っています。

④~居宅介護は儲かる?~

※内容は取材当時(2018年11月)