【再掲】「せん方がいいよ。死ねなかったら余計にしんどい」 ~経験者が語る自殺未遂とその後遺症の怖さ~

障害者ルポインタビュー

今回は、現在、ヒーローズ岸和田(大阪の障害者向けグループホーム)名波さん(仮名 41歳 男性)の取材をさせていただくことになった。

 

名波さん(仮名 41歳 男性)

 

名波さんは全般性不安障害の診断を受け、2020年2月から、グループホームで生活している。小太りの体に優しそうな表情をしているが、取材の中に不安げな、神経質そうな表情も見られた。小さい頃から、色々なことに不安を持ちやすい性格だったという。

 

ヒーローズ岸和田の管理者である白井孝明さんが同席の下、和やかな雰囲気の取材だった。

 

管理者の白井孝明さん

 

ヒーローズ岸和田では、名波さん以外に精神障害の方と発達障害の方が共同生活を送っている。名波さんは大阪府の豊中市で産まれた。白井さんによると、北部にある豊中市はハイソな高級住宅地だが、大阪南部の泉州と呼ばれる岸和田市は、だんじり祭りで知られるように、命をささげるほど祭り愛が強いざっくばらんな土地柄だという。

 

名波さんは、今年の2月からグループホームに入居して、生活保護を受給しながら自立に向けての一歩を歩み始めたばかりだ。その生活は、それまでの人生はどういったものなのかをうかがわせてもらった。

 

【安心できる居場所がなかった小中学校時代と父の蒸発】

全般性不安障害とは、慢性的な不安症状が長くつづく、従来の不安神経症の診断名です。原因は一般的に、ストレス、心配事、何らかの精神的ショックなどの心理的要因だと考えられますが、実際にはそのような出来事がなくとも日常生活上の様々なストレスを背景に、いつのまにか発症しているケースが多いです。症状の一例としては、慢性的な不安、緊張、頭痛、動悸、めまい、不眠などがあります。
(引用:HOSITA.JP https://www.hospita.jp/disease/1691/

 

「小中学校時代は、両親の喧嘩を見て過ごしました」名波さんが中学生の頃、父親は蒸発している。生まれ育った家庭は、安心して過ごせる場ではなかった。

 

「小さい頃から何かと不安を抱えやすい性格でした。家庭の影響はあると思います」父がいない暮らしの中で、大学進学は早々に諦めた。

 

精神疾患や精神障害を抱える人の幼少期の話を伺うと機能不全家庭であったり、親が不仲だったりと幸せな幼少期を送っていないケースを多く見かける。成育歴はその後の人生に大きな影響を及ぼす。

 

名波さんのメンタルも幼少期から不安定だったようだ。

 

◆自殺を考える前に相談しましょう!解決策はあります!

こころの健康相談統一ダイヤル 0570-064-556(おこなおう まもろうよ こころ)

続きを読む - 1 2 3 4 5