パワハラで鬱病を発症|元公安調査官でフリージャーナリストの西 道弘氏の数奇な半生!

インタビュー

 

西 道弘さんは、公安調査庁、通称公安庁で国際テロ関連の情報収集や宗教団体、市民団体の監視・調査を行うセクションに身を置いていた元調査官だ。イスラム教に改宗したことなどもあって、上司よりパワハラを受け鬱病を発症。2017年に35年間勤めた公安庁を辞職へと追い込まれる。退職後は、フリーのジャーナリストとして活動する傍ら、昨年9月までオウム真理教の後継団体のひとつ“ひかりの輪”の外部監査員も務めていた。公安庁在職中には、なんとCIA研修(スパイ研修)に参加した経験もあるんだとか。なんだか凄い経歴の持ち主である。そんな多彩な経験を持つ西さんにお話を伺った。

西 道弘

公にはできない話も飛び出す可能性を考慮し、インタビューは都内某所の会議室を貸切り、秘密裏に行うこととなった。

会議室

 

 

世界史は偏差値80 数学は赤点 

「おそらく発達障害なのかもしれません」

 

「私は京都府の舞鶴市出身なのですが、高校卒業後は地元の大学に進学するつもりでした。世界史が好きで、将来は考古学者になれればいいなと、ぼんやりとですが考えていました」その為、自宅から通える文系の大学を志望していが、進路指導の教師に法学部を目指すよう勧められる。

 

「小さな頃から勉強は得意でした。でも何故だか教科によって成績の偏りが激しく、理数系は壊滅的に苦手でした。数学は赤点をとったこともあります」英語・国語・社会は全般的に得意で、世界史は偏差値80を超えていたというのだから驚きだ。しかし、国公立大学は理数系も満遍なく熟さなければ、合格するのは難しい。そうしたことから『中大法学部の方がよいのでは』と、勧められるまま法学部を目指す。

 

世界史は模擬テストで、京都府全体の何本かの指に入る程の高成績を残したという。しかし、物理系はとにかく苦手で化学式の記号は見るだけで頭痛がする程。「体育も苦手で、おそらく発達障害なんでしょうね」と自己分析をする西さん。文学部はキッパリ諦め、中央大学法学部法学科を受験し見事合格を勝ち取る。

 

難易度と各式の高さの突出ぶりはトップクラスと謳われる、中央大学法学部に合格する程の学力を持ちながら、理数系は鳥肌が立つ程に苦手というアンバランス。確かに発達障害の特性なのかもしれない。

 

「中央大学に進学したのは流されたというか無計画。就職も同じです。最初は検事を目指していましたが、司法試験に3回落ちたので諦めました。刑法は好きで得意だったのですが、民事系の科目がどういったわけか壊滅的に苦手で。論文まで辿り着けませんでした」司法試験は民事系科目の配点が非常に高い為、ここでも苦手に足をとられる。やはり発達障害の可能性は否めない。

続きを読む - 1 2 3 4