保護猫を飼う方法や条件とは?さくらねこってどんな猫?| 元祖猫商・丸山店長に聞いてみた

インタビュー

ご存知だろうか?日本の犬猫殺処分頭数は年間 43,000 頭(H30) と非常に多く、我が国は犬猫の殺処分が世界で最も多い国であることを。そして、猫の殺処分頭数が犬より圧倒的に上回っていることを。

 

猫は生後半年で妊娠が可能な年齢となり、一度の出産で4〜6匹の子猫を産む。さらに年に2〜3回出産することができるので、繁殖のスピードが早い。そのため、殺処分の頭数もおのずと多くなる。

 

しかし、なぜ罪のない犬や猫の命がこうもたやすく奪われねばならないのか。こんなにも多くの犬猫たちが殺処分されているにも関わらず、販売を目的に犬や猫の繁殖が行われているという現実がある。

 

近年、こうした現状が問題視されるようになり、保護犬・保護猫の存在が注目を集めている。今後、犬や猫を飼いたいと考えている方には、ペットショップではなく、保護犬や保護猫のお迎えを検討してみてほしい。しかし、保護犬や保護猫をお迎えするにはどうしたらいいのかわからない。そういった方も少なくはないだろう。

丸山晶代

元祖猫商・丸山商店店長でアニマルホリスティックカウンセラー&猫のごはんアドバイザーの丸山晶代さん

 

今回は、10年前より保護猫活動を行なっている丸山店長こと丸山晶代さんに保護猫を引き取るための方法や保護猫活動についてなど様々なお話を伺った。

 

保護猫を飼うにはどうすればいい?

 

「里親を募集しているサイトだったり、譲渡会を利用してお迎えするのが一般的です。インターネットで検索するとそういったサイトがたくさん見つかると思います。私は10年前から保護猫活動をしているのですが、ここ数年保護猫について周知が広がり、最近ではホームセンターやデパートなど、譲渡会のためにスペースを開放してくださる企業や団体も増えてきました。SNSやWEBサイトを見て、実際に猫ちゃんに会いに行って、お迎えするのが一番早いのではないでしょうか」

 

コロナ禍の影響で譲渡会の開催自体は減少傾向にあるそうだが、オンラインでのお見合いなどが活発化しているらしい。また、保護猫を引き取る際の条件についても伺ってみる。いくつかの審査をクリアしなければ、保護猫を迎えることは難しく、そのハードルの高さが、しばし話題に上ることがある。一体どういった条件があるのだろう。

続きを読む - 1 2 3 4 5 6