精神医療、ここまでぶっちゃけていいの?①~組織のど真ん中にいるか辺縁にいるかの発達障害者~

インタビュー

【1回目 組織のど真ん中にいるか辺縁にいるかの発達障害者】

 

田口 私が感じていたのは、発達障害の親御さんの多くにも、多かれ少なかれ同様の特性があることお医者さんも知っているけど、親御さんの方は把握していないことも多いし、医師も言わないことが多いなということでした。

 

樋端 自分はもともと精神科全般から思春期、児童精神の領域へ降りてきたので、親も子も含めてフォローすることが多いのですが、小児科医の先生は、やはり医療モデルで、親にきちんとすることを期待するドクターが多いように思います。そのあたりのギャップが実際どうなのかということを見える化するために、長野県の小児科医、精神科医、医療ユーザーに、アンケートを取るというような調査研究をやっています。

 

田口 都内某所の大学病院の元小児科部長の先生と有名国立病院の児童精神の先生が「親御さんには言わない。怖くて言えない」とおっしゃっていましたが、先生は伝えるんですか?

 

樋端 自分も関わっている発達障害のグループ「親子の発達障害あるあるラボ」は、親も特性があるのが前提です。遺伝子上も親子なら設計図が半分同じなんだから、そりゃそうでしょうよというところからスタートしてます。

 

田口 そういう視点に立っていらっしゃる先生は少ないですよね。私は「親も自身の特性の理解のための検査を!」と書こうと思っているくらいです。

 

樋端 ただ親子であっても二人の親の特性のミックスでもありますし、相性が悪いこともある。たとえば思いついたまま心のままに動きたいADHDと、できるだけ見通しをたてて不安を減らしたいASDの特性でも、みごとにかちあいます。

 

田口 なるほど。

 

樋端 だから親も自分自身のタイプを理解していないと、それこそ子育ても上手く行かないし、お互いにしんどい思いをして、二次障害につながると思っています。講演会などを依頼されて親対象に話すときも、学校の先生方対象に話すときも、まず「自分のタイプは?」というあたりは必ず話しますね。

 

田口 有名国立病院の医師は話してくれませんでした。都内某所の大学病院に至っては「お母さんがまともだから、お子さんが発達障害と告げたけど、ストーカーになられると困るから、話が通じ居ない親御さんの子は、耳の問題として耳鼻科に回す」とおっしゃっていてびっくりしたんです。

 

続きを読む - 1 2 3 4