精神医療、ここまでぶっちゃけていいの?②~発達障害の若者と性の話~

インタビュー

【2回目 発達障害の若者と性の話】

 

田口 障害者の性ってどこでもタブーにされがちですが、私も思春期に息子にどう対応していいか分からないと思うので、性に関してはぜひ伺いたいですね。

 

樋端 だいぶ前になりますが、「発達障害と性」というテーマで講演したことありますね。これは、本当にそれだけで大きなテーマです。発達障害に関しては、まずもって境界が自然にみえないASD の女性は権利侵害されやすく、男性は権利侵害しやすい。自己肯定感の低さや、ADHDの衝動性が加わるともう・・。世の中でタブーにされているけど、失敗すると自分も相手もおおごとになる。彼らにとって性の問題は鬼門です。

 

田口 そうですよね。友人の保健師が「青少年の性について」のイベントを企画しているのですが、障害者の性となると、やはり違うんですかね?

 

樋端 ASDの人が、日常的なコミュニケーションを通じて複数の友人伝いで入ってくる情報ではなく、ファンタジーの多いネット情報だけから情報を得ていると実に危険ですね。昔は子どもにはやすやすとは手に入らなかったアダルト動画なども気軽にみれちゃいますからね。信頼できる大人がオープンかつフレンドリーに伝えることが必要です。

 

田口 そうですね。オープンかつフレンドリーですね。タブーにしない方がいいですね。

 

樋端 診察室でも思春期以降はもうざっくばらんに聞きます。実際聞いてみるとセクシャリティも色々だし。

 

田口 そうなんですね!そこまでする先生ってなかなかいないですね!

 

樋端 けっこう痛い目にあっているので。

 

田口 副業で占い師(よろず相談)をしていても、相談されてしまうことがあります。もう占いの範疇ではないんですけどね。知的障害の娘さんの性衝動を止められないとか、すぐに妊娠してきてしまうといったことを。それで、福祉関係の人に聞くんですが、対応策が分からないと言われてしまって。

続きを読む - 1 2 3