精神医療、ここまでぶっちゃけていいの?③~説教男とマンスプレイニング~

インタビュー

【3回目 説教男とマンスプレイニング】

 

田口 先生、発達障害の人が、話していることの本旨とずれたところで、長文で自分の論理を展開するのはなぜですか?単語にこだわりがでるからですか?それとも行間読めないからですか?たまにイラっとくるんですが。

 

樋端 自分の話していることに夢中になるのと、細部に注目してしまい立ち位置がわからなくなって戻れなくなっちゃうんだろうな。あるいは何かフラッシュバックなどが起こってるのかも。本人の中では筋があるのだろうけど周りから見ると訳が分からなくなる。紙などに書きながら話の全体像(地図)を示しながらやり取りする感じがいいかな。

 

田口 フラッシュバックしてるのか。私は女性だからですかね?男性からのこだわり炸裂コメントが多数です。

 

樋端 あるいは尊敬されたいという思いからの、いわゆるマンスプレイニングかも。

 

田口 あ、なるほど!妙にみんな偉そうです。説教してる感じです!

 

樋端 「凄ーい」とか言っとけば良いかもしれませんね。

 

田口 (笑)
そしたら、私のコメント返信、「凄ーい」ばっかりになっちゃいますよ(笑) 7割が説教口調の男性です。3割がきちんと読んでくれる女性って感じですから。

 

樋端 うーむ、聞き上手なのか、ホイホイ惹きつけちゃう何かがあるんでしょうね。

 

田口 私、それ、本当に悩みなんです!写真かな、顔立ちかな。昔から多かったんですよ。説教男性(笑)

続きを読む - 1 2