コロナウィルス騒動でパニックになった人たちは、詐欺師やカルト団体にだまされやすくなります。あなたやあなたの家族は大丈夫?

お役立ち

現在は、日本中どこでもコロナウィルスの話題でいっぱいです。テレビも、ネットニュースも、SNSも、コロナウィルスの話ばかりです。
もちろん、明るい話題ではありません。
感染の拡大、学校の休校措置、コンサートやイベントの中止、マスクや日用品の不足、などまるでパンデミック映画の中にいるような気持ちになります。

 

病気の話ですから「死」に関しても、普段よりも意識せざるをえません。
その結果、ひどく落ち込んでしまったり、パニック状態になってしまった人も少なくないと思います。
政府や政治に対し不信感を持つのも当たり前でしょう。

お上が役に立たないなら、それぞれが
「どうにかして、この状況を切り抜けたい」
と思うでしょうし、
「自分や家族だけでもなんとか助かりたい」
と考えるのも、自然なことだと思います。
その思いが現実化したわかりやすい例が、マスクやトイレットペーパー、日用品の買いだめでしょう。
買い占めがはじまると、コンビニエンスストアや薬局から商品が消えます。棚から商品がなくなっているのを見ると
「ああ、商品がなくなっているということは、本当に品不足が起きているんだ。ならば私も買わなければ」
という考えにいたる人が増え、ますます買い占めに拍車がかかります。

 

2月21日から25日にかけて僕は韓国へ取材旅行に行ってきました。
2月20日に韓国当局から韓国の新興宗教団体によって感染が拡大した可能性が高いと発表されたため、旅行を取りやめる人も多かったようで行きの飛行機はガラガラでした。
韓国国内でも日本以上に危機感が高く、電車やバスに乗っているほとんどの人はマスクをしていましたし、繁華街やレストランストリートも寂しい人通りでした。

続きを読む - 1 2 3 4