緩和ケア医療は終末期だけのものではない ~3人に1人が亡くなる身近な病気がん。乳がんでスタージ4の末期の母の治療チームの再結成~

お役立ちコラム

がんは、日本人の死因で最も多い病気だ。現在、日本では、3人に1人ががんで亡くなっている。だけど、身近な問題として感じたのは、母ががんになってからのことだ。

 

「乳がんになった。右乳房の全摘出手術を摘出する」と母から連絡があったのは、2年前の4月。その時、母は70歳だった。

乳頭も残さない。術後、抗がん剤治療はせずに、ホルモン療法だけすると方針を固めていた。

抗がん剤の副作用で苦しみながら、寿命を伸ばすより、仕事を続けて、人生を楽しみたいという理由だった。

 

そして、手術を終えた母は、右わきのリンパ節も郭清(かくせい:手術で、がん細胞など悪性物を取り払うこと)した。そして、肝臓や腎臓にも転移リンパ節を通して、がんは転移していた。リンパ節を郭清すると免疫力は低下する。それでも余命1年と言われていた母は、2020年12月現在、まだパートを続けている。

 

術前は、抗がん剤治療は受けないと決めていたが、人は生きることへの希望を簡単に捨てることはできない。なので、母は今までにトータル2回の抗がん剤治療を受けている。弱音を一切吐かないし、月に一度は一緒にビールを楽しんでいた。勝ち気で人に弱みを見せるのが大嫌いな母。抗がん剤治療を受けると髪の毛が抜けるが「このウィッグ、素敵でしょう?」といつも元気だった。もちろん、抗がん剤の影響は全身に出ていて、化粧品でも少し成分が強いとアレルギー反応が出るようになり、顔にはシミが増え、疲れやすくはなっていた。

 

そんな母が、3回目の抗がん剤治療を受ける今回は「診察室のついてきて欲しい」と頼んできた。親子なのになぜ今まで診察室に着いていかなかったのか?勝ち気な母は、娘の私にも自分の病状を知られるのを嫌い、全ての決断を自分でしてきたからだ。

それなので、今回の母のお願いには「いよいよ死期が迫っているんだ」と私は動揺した。

 

母のがんはステージ4。末期だ。

 

「今回、抗がん剤治療を受けたら、手足にけいれんが出るかもしれないと言われた。死ぬまで抗がん剤を続けることになる。そうしたら、仕事も続けられなくなる。だけど、抗がん剤で少しでも寿命が延びる可能性があるなら、受けたいと思う。だけど、仕事や月に一回、あなたと飲みに行く楽しみもなくなる。緩和ケアに切り替える選択肢もあるけれど、決心がつかない。一緒に先生の話を聞いて欲しい」という希望だった。

 

筆者は発症から2年過ぎて、初めて、緩和ケアや親の介護について、調べ始めた。

 

緩和ケアという言葉は耳にしたことがある人も多いだろう。緩和ケアとは、がん患者の苦痛を取りのぞき、患者と家族にとって、自分たちらしい生活を送れるようにするためのケアのことだ。

続きを読む - 1 2 3 4