感覚過敏で働くのもままならない|まるで有害物センサー!通勤電車も職場も化学物質であふれてる

お役立ちコラム

前回に引き続き、化学物質過敏症という五感が敏感な特性の影響で生活に支障が出ている年子の姉の話をお伝えしています。

 

某少女マンガ誌で活躍する少女マンガ家の現場をいくつも渡り歩いた姉です。そのうちの一つ、国民的美少女アニメの原作者の現場ではチーフアシスタントして雇用形態は社員でした。

 

このオフィスは先生の作風がキレイで作画のモチベーションも上がることから働きやすかったようで10年以上働いていました。

その間、同じ雑誌でアニメがスタートして忙しくなる他の漫画家さんの現場にも通っていましたから月に20日間くらいは泊まり込みで働いていましたから結構稼いでいたと思います。

 

その反面休みや自由はなく、家に帰くると楽しみはひたすら眠ることしかありません。

国民的美少女が生まれる現場では主に背景や修正などミリ単位の細かいペン使いを要求される繊細な仕事をしていました。

毎月モノクロ原稿100ページ、とカラーイラスト数枚を仕上げなければいけない現場でスタッフも5人ほどいました。

 

私もたまに助っ人でアシスタントに行くことがありましたが、漫画家先生はアニメ放映前後の数年間は本当に仕事が多く、万年寝不足だったことからアシスタントの睡眠時間まで把握したり一人ひとりの体調の配慮など気を配ることはできなくなるたアシスタントが先生のスケジュールに合わせて体調も調整していかなければいけないものだと思います。

 

かなしろにゃんこ。,イラスト,化学物質過敏症

 

 

技術職なのでアシスタントのギャラは平均一日2万円~2万5千円。マンガ家から支払われたり出版社の編集部から支給されたりしていた。

 

姉はプロアシとして引っ張りだこだったと思う、私が少女まんがの「なかよし」で仕事をしていたときも私の家に編集者から電話がかかってきて「私に仕事の依頼かな?」と思うと「かなしろさんのお姉さんにアシスタントを頼みたい漫画家さんがいるんだけど取り次いでもらえませんか?」という電話がいくつもあった。

 

続きを読む - 1 2 3 4 5