「その沼入るべからず —―CASE2#母乳神話」母乳にこだわりすぎてネットで他人の母乳を購入?!

お役立ちコラム

出産、育児、健康法。女性の生活まわりにあるさまざまな情報の中には、ハマるとヤバいものがたくさん⁉ 山田ノジルが独自の視点で突っ込みつつ、沼の注意点をお届けしていきます。

CASE1#胎内記憶はこちらから

 

Case2 母乳神話

「母乳こそが愛情!」「母乳をあげている時間が親子の絆も育むんだ~って思ったら、すごく幸せ」

出産のタイミングが重なった同級生とママ友になり、子連れでお茶をしているとこんなトークが始まった。「産後ハイ!?」と一瞬驚いたけど、そういえばこの子、オーガニックな暮らしとか、月のリズムを意識したヨガとか好きだった。なるほど、こんな感じの親になるのか……。

 

自分も子供に母乳を与えているけど、分泌量が足りていない気がするし復職の予定もあり、さらに体調によっては授乳を夫に変わって欲しいこともあり、あえての混合にしている。ところがそれを話すと「ほ乳類なんだから、頑張れば絶対に出る! 母乳を諦めないで!」「粉ミルク育ちはブクブク太る」「母乳はアレルギーも予防できるし、IQも高くなる」とたたみかけられてしまった。さらに質のいい母乳を出すには薄味の和食、乳腺炎になりかけたらキャベツやジャガイモのすりおろしで冷やすといいなどのアドバイスまで展開され、正直お腹いっぱいだわ。

 

もちろん、母乳が子供にとって最適な栄養であることには異論ない。でもママ友が熱心に語る母乳の素晴らしさには「粉ミルクは親失格」というメッセージが含まれているように思え、子供に対し後ろめたい気持を感じてしまい……。

 

*******

これは出産後の親たちが、高確率で遭遇する「母乳神話」です。根拠のない話もごちゃまぜになった母乳の効果効能が巷に広まっているのです。それらはCase2のようにママ友経由で伝わることもあれば、助産院を始めとする「自然なお産」周りでもよく広められています。無料で読めるネット記事などにも度々姿を現すため、遭遇率の高さは相当なものだと言えるでしょう。

 

根拠が怪しいお説とは、次のようなものです。

「母乳育ちのほうがIQが高い1」「母乳のほうが情緒が安定する2」「母乳のほうがアレルギーになりにくい」「母乳のほうが絆が深まる」「母乳っ子は人間が大好きになる」「母乳育ちの赤ちゃんは、目の輝きが違う」

1、2はミルクよりも母乳のほうが優位だという研究結果はあるが、長期的な効果は確認できていない。

 

「目の輝き」とか、一体どうやって測定&評価するんでしょうね。こうした意味不明な言説も含め、母乳がまるで魔法の液体かのように謳われているのです。

 

続きを読む - 1 2