普通に暮らしているだけで全治2か月の大けが!!黒板の文字を書き写せない!!|中卒ライターの「見えない」障害

障害者ルポ

本日は、シングルマザーでライターのみきさん(仮名44歳)のお話をうかがった。みきさんは半年前に精神科を受診し、ADHD(注意欠陥多動性障害)とDCD(発達性協調運動障害)の診断が下った。さらにLD(学習障害。学習障害には様々な現れ方があるが、彼女は書字障害(ディスグラフィア))があることも分かった。

聞きなれない言葉だが、DCD(発達性協調運動障害)もLD(書字障害)も発達障害に分類される。主に悩んできたのは、DCD(発達性協調運動障害)とLD(書字障害)の症状についてだった。

診断書、精神科、発達障害

読者の中には、ADHD(注意欠陥多動性障害)は知っていても、DCD(発達性協調運動障害)や書字障害(ディスグラフィア)は知らないという方も多いだろう。

 

DCD(発達性協調運動障害)とは、麻痺などがあるわけではないのに、「ボールを蹴る」「字を書く」「大縄跳びをする」など目と足、目と手等で、別々の動きをする体のパーツを連動して動かすことに困難がある障害だ。

 

そして、書字障害(ディスグラフィア)は目で見た文字を覚えられず、読めるのに書けないという障害だ。トム・クルーズやキアヌ・リーブス、ジェニファー・アニストンらハリウッド俳優でカミングアウトしている人も多い。

 

いずれの障害も外見からは全く分からない。学校では「やる気がない子」「不器用な子」「運動が苦手な子」と思われてしまい、障害だと気付かれないで過ごすケースが多い。みきさんの幼少期には、発達障害という考え方がなかった。母が大らかだったこともあり、44歳まで診断を受けなかった。

 

だけど、小学校の頃のみきさんは、黒板に書いてある字をノートに写せない。字は読めても、書けない。テストの答えが分かっているのに、回答用紙に書けない。なめらかに体のパーツを連動させて動かすことができないので、雑巾がけをするだけでも息切れするほどのパワーを使う。運動会のリレーでは常に足を引っ張ってしまう。

泣きながら教師に訴えても、「サボっている」「やる気がない」と思われ、そのつらさは理解してもらえなかった。そのため、みきさんは、中学生頃から学校に行かなくなった。彼女の学歴は中卒だ。

 

しかし、彼女はそんな障害など感じさせない明るい女性だった。

女性、コーヒーカップを持つ、座っている女性

雑誌やフリーペーパーで執筆、連載記事も持つ、キャリア10年のベテランライターだ。

 

今では気さくで明るいみきさんも昔はそうではなかったという。

「17歳の頃には、オーバードーズ(薬の過剰摂取)を繰り返し、境界性パーソナリティ障害の診断も下りました。学校では同級生や先生に叱られてばかりでした。自己肯定感が低かったんです」

続きを読む - 1 2 3 4