統合失調症|目の前に仏像やお釈迦様が現れるのは病気なのか?治すべきなのか?妄想や幻覚の中で生きるハッピーなおじさん

障害者ルポ

今回は、愛知県瀬戸市で障害者向けグループホームと就労継続支援B型事業所を運営する、NPO法人アップル・シード代表理事の成瀬 毅さん(43歳)と、統合失調症の当事者の佐藤さん(仮名 57歳)にお話をうかがった。

微笑む男性2人

左 成瀬さん            右 佐藤さん

※緊急事態宣言発令に伴いオンラインで取材を行いました

 

佐藤さんは19歳の時に統合失調症を発症し、現在は生活保護を受給している。同じく統合失調症の弟(55歳)と2人暮らしだ。兄弟ともに成瀬さんが運営する、B型事業所で電線とその支持物の間を絶縁するパーツ「がいし」にネジを仮止めするのが、主な仕事だ。月に1万円以下の稼ぎだが、やりがいにつながっているという。

 

統合失調症は幻覚・幻視や妄想などの症状が特徴的な精神疾患だ。珍しい病気だと思うかもしれないが、日本では100人に1人がかかる身近な病気だ。その症状から会話が通じない、不治の病、こわいなどのイメージが強い。だが、最近では、症状を抑えるいい薬も出ている。糖尿病や高血圧などと同じで、薬で症状をコントロールしていれば、社会生活を送ることも充分できる。しかし、今回、ご紹介する佐藤さんの場合、幻覚や妄想などの症状が固定してしまったという。今回の取材でも、話し始めはスムーズだが、だんだんと話がそれていってしまう。支離滅裂になってしまった。会話は成り立つが、全体的な話を理解するのは難しい。

 

だけど、佐藤さん自身も、見守る成瀬さんの表情も明るい。半分くらいは理解できない佐藤さんの話だが、聞いていてもほんわかした気持ちになった。

 

「今、統合失調症の症状でつらいことはありません。成瀬さんに出会って、みなさんのお陰で助かっていますよ」

佐藤さんは少し緊張した表情だったが、横にいる成瀬さんに何度も頭を下げながら言った。成瀬さんによると、佐藤さんとの出会いは5~6年前だという。佐藤さんは入退院を繰り返しながらも、いたってやんちゃで明るい性格だ。

座る男性

 

佐藤さんが精神科にかかったのは幻聴が聞こえたことがきっかけだった。

「女の子とおじさんの話し声が何日も聞こえました。

自分のことを精神が図太い奴だとかいう声です」

一般的に統合失調症の幻聴は、自分を責める声が多い。その声に苦しむが、佐藤さんの場合、特に責められているような声ではなかった。

 

続きを読む - 1 2 3 4