孤独で寂しさから子どもを虐待しそうな母たち ~SNSにより地域とつながる~

お役立ちコラム

その頃から私が意識したのは、相談できる・愚痴れる人をたくさん持とうということです。孤独に育児する「孤育て」をしていたら、誰にでも虐待はひとごとではないと思います。そんな「孤育て」をやめるために、私が活用したのはインターネットです。SNSなどで同じように発達障害を持つ親御さんたちとつながりができたことはかなりの支えになりました。だけど、家が離れていたり、なかなか会えなかったりしました。

 

だけど、子どもの障害について何気なく書いているうちに、障害児を抱えていない地域の親御さんとつながりができていきました。都会は特に地域コミュニティが崩壊していると言われていますが、本当にそうなのかなというのが私の感想です。

 

まず、そういった地域の人たちとSNSを通じてつながったことで、町内会のお祭りに参加するようになりました。また、別の町内会でお祭りのあと飲んでいるから、お子さんを連れておいでよという誘いもあり、町内会を超えたご近所さんとのつながりも増えていました。特に都会の集合住宅で暮らしていると、町内会自体、誘われないことが多いと思います。町内会費は払っているけど、参加はしていないという方は多いんじゃないでしょうか。

 

昔のように大々的な集まりはないかもしれません。だけど、地域コミュニティは確実に存在し、みんなその入り口にたどり着けないだけだと思うのです。

続きを読む - 1 2 3