青木ヶ原樹海で亡くなる女性たち。『服毒心中』『完全型縊頸』『ぬいぐるみとともに……』数は少なくても確実にいる。

コラム

まず、

「なぜ、樹海で死ぬのか?」

を考えると、まず第一に

「誰にも見つからず死にたい」

というのがあるだろう。
ヒッソリと森の中で死に、そのまま骨になりたいという願望だ。
保険などのリアルな事情があって見つかりたくない人もいるだろうし、美学的に誰にも見られずに死にたいという人もいるだろう。
ただ「誰にも気づかれずに死にたい」と思うのは、男性だけではなく女性にもある考えだろう。

先程の「女性は死体が傷むから樹海は嫌だ説」で考えると、死体がひどく損傷するのは、飛び降り自殺や、飛び込み自殺も同じだ。部屋で自殺をしてもしばらく発見されなかったら、腐る。そしてそれは大人数に見られる。
樹海での自殺の場合、死体は腐ったりかじられたりするかもしれないが、最後まで永遠に「誰にも見られない」可能性もある。
誰にも見つからないなら、遺体がどれだけ傷んでも関係ないような気もする。
もちろん人それぞれの考え方次第ではある。 だが、おそらく他にも原因はあるだろう。

まず、自殺の男女比を考えると、圧倒的に男性の方が自殺する人が多い。平成30年の自殺者のデータを見ると、合計自殺者数は2万840人、男性の自殺者数は1万4,290人で、68.6%だった。これは絶対的な要因ではあるだろう。
ただ、樹海で見つかる自殺体の割合は30%をはるかに下回るようだ。
さらになぜ少ないのかを考えると、自動車の保有率が少ないからではないか? と考える。青木ヶ原樹海へは電車でも行くことができるが、かなりめんどくさい。

河口湖駅まで電車で行き、そこからバスに乗って観光名所である富岳風穴で降り、遊歩道から森に入る。なかなかめんどくさい工程だ。
そうやって自殺するために森に入る人がたくさんいる事は周知の事実なので、バス停は監視されている。森に入る前にボランティアに声をかけられ自殺をやめる人も少なくない。

自動車免許の保有者数は男性55.2%,女性44.8%だ。男性の方がマイカーを持っている比率も高い。これも一因ではあるだろう。

あと、女性と樹海に行くと決まって
「わあ!! 虫だ!! 虫は嫌!!」
と嫌がる場合が多い。仕事でアイドル的な女性と樹海に行った時は、
「なんでこんな所に虫がいるの!! おかしい!!」
とギャーギャー叫んで騒いでいた。森に虫がいるのは普通だ。
「お前が樹海にいるほうがおかしいんだから、とっとと帰れ」
と腹の中で毒づいた。
意外と
「虫が気持ち悪いから樹海では自殺しない」
という人も多いのかもしれないと思った。

続きを読む - 1 2 3 4