16歳で四国八十八箇所 野宿お遍路した文様作家が出会ったすさまじい現実とは?~優しい人、不思議な出来事、そして恐ろしい人間~

そのほか

巡礼の旅を続けていると、お遍路同士がしばらく一緒に回ることもある。
アプスーさんは旅の途中で20代の男性と出会い、数日間一緒に歩いた。お互い若い人に会うのは久しぶりだったので、気もあった。

「彼は水彩画を描く人でした。動物たちに囲まれているお遍路姿の自分を描き、その横に詩を添えていました。詩は、感謝に満ちた、非常にポジティブなものでした」

野宿をしている時に、身の上話を聞いた。
男性は、家族仲が非常に悪く、居場所がなかった。そんな彼の唯一の味方は、動物たちだったという。犬、猫、蛇、ハムスター、トカゲ……など様々な動物を飼っていた。
ある日、男性は耐えられなくなり、お遍路さんになった。彼はそれ以来、ずっと巡礼の旅を続けている。

「話を聞いていて少し疑問に思いました。家族仲が悪かったのに、家族の元に動物たちは残してきたんだろうか? って」

アプスーさんがそう聞くと、男性は

「食べたよ」

と言った。

「当たり前じゃん。食べたに決まってるじゃないか」

と言って、どのようにかわいがっていた動物たちを食べたかを教えてくれた。

「彼らは食べなきゃ生きられないでしょ。彼らは僕の中で生きているんですよ。今も一緒に旅しているんです」

と言って、満面の笑みを見せた。

「その時は、こういう愛の形もあるんだ、って否定できなかったんですよね。今になって思うと、ちょっと怖い話なのかな? と思うようになりました」

アプスーさんから、お遍路さん話を聞くと、本当に心から旅に行きたくなった。
ただ巡礼の旅は、優しい面、不思議な面だけではないという。

「お遍路さんを狙った泥棒や追い剥ぎも出るみたいです。僕が旅していた時も、野宿をしようとしたら警察官に
『ここは危ないから、移ったほうがいいよ』
とアドバイスされたりしました。御朱印が揃っている御朱印帳は高く売れるので、狙われることもあります」

四国八十八箇所巡礼の旅、もし
「行こう!!」
と思った人は、ぜひぜひ気をつけて足を運んでください。

続きを読む - 1 2 3 4 5